低体温は、睡眠不足が原因かも!睡眠不足を解消する方法 | (ヴァンダンジュ)vendange

低体温は、睡眠不足が原因かも!睡眠不足を解消する方法

ピンピンコロリは食次第!

食と心の健幸ラボ 予防医学ヘルスコーチ、若林徳子です。

今すぐピンピンころりに近づく情報満載

ピンピンコロリは食次第!自分にぴったり合った「食べ方」を見つけて最後の一瞬まで人生を楽しむ方法
こちらから無料ダウンロードをしてください。

突然ですが
基礎体温が
36.5℃以上ありますか?

もし
36.5℃に達していなかったら
要注意です。

体温が36.5℃以上あるときに
サプリや薬、酵素などが
効率的に働くようになっています。

ですので、
もし、36.5℃以上無いのに
サプリメントや酵素ドリンク類を
飲んでいたとしたら

効き目は半減
いえ!
それ以下になってしまっている
可能性大です。

もったいない状況になってしまっています。
このことを頭に入れつつ
もう一つ、質問です。

睡眠時間は足りていますか?
睡眠不足を感じていますか?

お笑い芸人の明石家さんまさんや
テレビタレントの武井壮さんのように
ごくまれに、ショートスリーパーという
睡眠時間がごくごく短時間で
良い体質の方がいらっしゃいます。

こういった方々は、特殊なだけで
一般の人がこんなことをしたら
身体がボロボロになります。

理想的な睡眠時間は
7時間とされています。

ただ、
しっかり眠れた上での
7時間です。

さて、なぜ2つの質問をしたかというと

寝不足は低体温の原因になるからです。
食べ物もしっかり食べていて
運動もしているのに
体温が36℃ちょっとしかない
という方が、意外にも多いのです。

よくよく、カウンセリングしてみると
睡眠が足りていない。。。。

これ致命的なのです。

なぜかというと
人間は寝るときに体温が低くなります。

雪山で遭難するシーンで
「寝たら死ぬぞ!」
というセリフを聞いたことが
ある方もいると思います。
(古いけど。)

身体は、
体温を下げて休もうとします。

ということは
身体が睡眠を欲しているときは
体温が低くなっているのです。

また、
寝不足が続くと
体温調整ができなくなり
その結果
体温が下がってしまう

という
2つのパターンが
発生してしまうのです。

まとめると

●身体が休みたくて、体温を自発的に下げて眠気を誘うため
●寝不足による自律神経の乱れから体温調節ができなくなるため

徹夜をすると体温が1℃下がる
とも言われています。

ただ、
どうしても寝不足になってしまう状況が
続くこともありますよね。

そんなときは
寝られる時間を効率よく
深い睡眠時間として
活用すれば良いのです。

どうすれば、深い眠りにつけるかというと

まずは栄養です。
栄養不足だと寝ることもできないって
知っていましたか?

満腹状態で寝てくださいといっているのではなく。
寝る3時間前までに

炭水化物→ご飯、麺類、パンなど
たんぱく質→肉、魚、たまごなど
脂質→(これは肉、魚、たまごを食べればそこにくっついているので大丈夫です)
ビタミン→野菜・果物類・海藻
ミネラル→野菜・果物類・海藻

栄養状態が
良くないと
質の良い睡眠は望めません。

仕事が遅くなると言うのであれば
自炊にこだわらず、就寝時間を逆算して
思い切って途中で食べてしまうというのも方法の一つです。

一番好ましくないのは
寝る直前に食べることです。

寝ている間も、身体は休むどころか
消化作業に追われ、意識がなくても
全然、身体は休まず睡眠不足状態に陥ります。

それ以外でできることは

温かい飲み物で眠気を促す
ぬるめのお風呂につかる
ゆったりとした音楽を聴く
スマフォは見ない

などです。

どうぞ、低体温の原因になる
寝不足には注意してください。
そして、深い眠りにつくためには
栄養不足ではいけません。

夜ご飯は、重すぎず軽すぎずでお願いします。

説明会

2020年2月開始
ホリスティック予防医学食講座
第一期説明会

こちらからで詳細、お申し込みができます。

小冊子ダウンロードしていただくと
毎日無料でより深い情報が配信されます!

今すぐピンピンころりに近づく情報満載

ピンピンコロリは食次第!自分にぴったり合った「食べ方」を見つけて最後の一瞬まで人生を楽しむ方法
こちらから無料ダウンロードをしてください。